お客様の想い・サルトの情熱が最高のハーモニーとなるオーダーメイドスーツ

【コンセプト】

「お客様の想いと作り手サルトの情熱が最高のハーモニーとなり、至福の時を輝かせる
一着が完成する」


一枚の生地が洋服の形になり、お客様が袖を通し喜びの表情に溢れるそのひと時を共有することでサルトの仕事は完成する。

その瞬間の為だけにサルトは、ひたむきにひと針ひと針に想いを込めて時代の流れに左右されない洋服を仕立てる。

Armonia del Sartoでは、お客様の想いを一番に考えます。

イタリアで学んだ伝統的な技術・デザインは本物です・・・。
その技術とお客様の想いを重ね合わせ感動を共有したい。

10年、20年、30年と色褪せない洋服は、その土地の気候・風土も考えて仕立てられています。だから時を経ても町に馴染むのです。

Armonia del Sartoで仕立てられた至高の一着は着る人に自信と品格を授け、時が経つほどに大人の熟成された魅力を引き立て続けます。

なぜならそこには、お客様の想いとサルトの情熱のハーモニー(Armonia)が込められているからです。

「お客様の人生を輝かせる」その想いを込めて一着一着仕立て続けていきます。


【Armonia del Sartoの由来】

私がイタリアでの修行中だった頃の話です。

師・ベルタッツォーニから何気ない質問を投げかけられました。

師は、「洋服作りに大切な事は、何だと思う?」と投げかけてきました。

その時まだ未熟だった私は「仮縫い、縫製技術です。」と答えました。

その時の私は、師から洋服作りの技術を吸収する事だけを考えていました。

返って来た答えは、
「Noッ!!・・・よく考えてみなさい。」

この時の自分には考えても答えは出ませんでした。

すると師は、

ラジオから流れてくるオペラのアリア(独唱曲)を聴きながら優しく話してくれました。

「実技である仮縫い、針仕事の縫製技術も大切だよ。

でもね、アリアを聴いてみなさい素晴らしいハーモニー(Armonia)だろ?仕事にも流れがある、

仕事は一人では出来ないんだよ。

お客様の想い、そして自分の情熱を洋服に縫い上げて行くんだ。

そうすれば自ずと最高の一着は完成するんだよ。

だから、技術だけでなく一着を取りまく全てのハーモニーを大切にしなさい。」

針先やアイロンワークにお客様の想いや自身の内面から溢れる想いを乗せ、洋服に対して気持ちを伝える事を考えてもいなかった私はハッ とさせられました。 

その後、師であるベルタッツォーニの元で技術を磨き続けた私は伝統的なテーラリング技術や審美眼を身につけた上で多くの人々に喜びや感動を伝えたいと考え、

師の一番の教えである Armonia(ハーモニー) を大切にした del Sarto (仕立て屋) であり続けたいと誓い

『Armonia del Sarto』は生まれました。